部位によって

赤いドレスが似合うようになった女性

美容外科では希望に合わせて痩せたい部位を選ぶことが出来ます。基本的に脂肪が付いているところであれば、どこでも施術を行なうことが可能です。全体的に痩せることも出来ますし、部分的に痩せることも出来ます。それでは、どういった部位の施術をする人が多いのか?ご紹介します。

・お腹まわり
お腹まわりは脂肪がつきやすいです。ただ、洋服を着ることである程度隠すことができるので、だらしないお腹をそのままにしている人が多いです。脂肪は蓄積されるほどダイエットで落ちにくいので、施術を行ない、スッキリとしたお腹まわりを手に入れましょう。最も脂肪吸引を行なう人が多い部位でもあります。

・二の腕
二の腕は、暑い季節に近づくと露出する部分です。そのため、暑くなる前に二の腕の施術をする人が多いです。脂肪がつきやすく、痩せにくい部位なので、セルフダイエットでは痩せにくいです。スッキリとした二の腕になれば、半袖やノースリーブも怖くありません。

・脚
ふくらはぎのみ、太もものみといった場合もありますし、全体的に細くすることも可能です。太ももは、最も脂肪がつきやすい部位で、尚且つ脂肪を落としにくい部位でもあります。ふくらはぎはひざ下が出るボトムを履いた時に細さが最も分かる部位です。脚が細くなることでスタイルを気にすることなくお洒落を楽しめます。

・顔周り
頬、顎の下、頬の上などの脂肪をなくすことで、小顔効果が現れます。また、顔の脂肪を取り除くことで、シワやたるみが解消され、リフトアップ効果もあります。顔が小さくなるだけでメイクやファッションを大いに楽しむことが出来ます。

・おしり
女性は男性に比べておしりが大きいです。脂肪を蓄えていますので丸みを帯びています。女性は、男性のように引き締まったおしりが憧れです。年齢とともに垂れ下がってしまうおしりは、足を短く見せてしまいます。おしりが小さくなれば、タイトなボトムを履いても気になりません。

このように全身どこの部位も施術が可能です。
自分でダイエットをするのは難しくても、美容外科に頼めば簡単に理想のボディが手に入ります。